2019年2月19日(火)

東邦金属、マグネシウム合金ワイヤ 最細直径0.03ミリ

2018/5/23付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

金属加工を手掛ける東邦金属は22日、熊本大学などと共同で、世界で最も細い直径0.03ミリメートルのマグネシウム合金ワイヤを開発したと発表した。さらに強度もこれまでの極細ワイヤより約5割引き上げた。医療機器材料としての展開を目指すほか、燃料電池の電極材料など産業用用途での活用も探る。

熊本大学と、金属粉などを手掛ける福田金属箔粉工業(京都市)と共同で開発した。材料は熊本大学の河村能人教授が2001…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報