/

この記事は会員限定です

介護施設中心に会話や見守り ロボ、高齢者に癒やし

衛生的で安心感/現場の負担軽減

[有料会員限定]

コミュニケーション機能のあるロボットで高齢者を癒やす「ロボットセラピー」が広がっている。動物と接する「アニマルセラピー」はストレス軽減などの効果が認められているが、ロボットとの会話なども高齢者を癒やし、近い効果が見込めるという。動物を取り扱うことが難しい介護施設でも利用でき、衛生面や利用者がけがをするリスクが低いため、導入するケースが増えている。

「いい子ねぇ」。高齢者が笑顔でなでていたのは、ソニー

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン