百貨店売上高1.5%減 県内3月、化粧品など振るわず

2018/5/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた静岡県内の百貨店3店(松坂屋静岡店、静岡伊勢丹、遠鉄百貨店)の3月の合計売上高は前年同月比1.5%減の66億円だった。3カ月連続で前年を下回った。前年より土曜日が1日多かったため、来店客数は堅調だったが、化粧品など雑貨の販売が振るわなかった。

主力の衣料品は0.9%減の25億円。松坂屋は6.3%増だったが、子供服売り場を改装中の伊勢丹は「紳士服、子供服で苦戦した」。家庭用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]