/

この記事は会員限定です

世界の大手も仮想通貨 顧客需要根強く

ゴールドマン、関連商品売買 ナスダック、取引所を検討

[有料会員限定]

世界の大手企業が仮想通貨関連の事業を拡大している。米金融大手ゴールドマン・サックスはビットコイン関連のトレーディング業務を始める方針を明らかにした。米取引所大手ナスダックなども関連事業に前向きだ。仮想通貨に対する需要の根強さや規制強化に伴う不正取引の減少期待を背景に、事業を強化して顧客を取り込む狙いだ。

ゴールドマンは近く、自己資金を使って顧客との間でビットコインの関連商品の売買を始める。米紙ニュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン