無人店 中国を席巻
アリババなど、外食やホテル スマホ決済、人件費抑制

2018/5/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【杭州(浙江省)=原島大介】中国でレジなどに人を配置しない「無人」サービスが広がっている。ネット通販最大手、アリババ集団は外食企業と組みレストランやベーカリー店を展開。ホテルやカラオケボックスにも広がり、4年後に市場規模は16兆円を超えるとされる。日本では人手不足が深刻だが、中国ではスマートフォン(スマホ)決済を土台に人件費削減を狙う。

浙江省杭州のオフィス街。昼すぎに中華ファストフード店に入る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日経クロストレンド