/

この記事は会員限定です

<法トーク>ITC、特許権者の実態重視

米国弁護士 セオドア・エセックス氏

[有料会員限定]

米国際貿易委員会(ITC)は特許権者の申し立てを受け、侵害品の販売差し止めを決める準司法機関だ。差し止め請求の是非を判断する際に「特許権者が米国内で実際に商品を製造・販売しているかを重視するようになった」と、セオドア・エセックス米国弁護士は指摘する。同氏は2017年までITC行政法判事だった。米国産業を保護するためには、特許を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン