2018年10月24日(水)

瀬戸際の日産 ゴーン革命の衝撃
しがらみ断ち合理化 V字回復導く 進んだ「開国」(1)

2018/5/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

平成の30年間は、日本がいや応なくグローバル化を迫られた時代でもあった。産業界でその試練にさらされた代表が日産自動車だ。平成の最初の10年は赤字を垂れ流し、1999年には経営破綻の瀬戸際に。やむなく仏ルノーから救済色の強い出資を受け入れ、その結果、パリから1人の剛腕経営者がやって来た。「ゴーン革命」の幕開けである。

「この新車開発案件は差し戻しとする」。東京・銀座にあった日産本社の会議室にカルロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

自動車と電機の再建、外資との関係で明暗[有料会員限定]

2018/5/19付

日産リバイバルプラン[有料会員限定]

2018/5/19付

クロスファンクショナルチーム[有料会員限定]

2018/5/19付

ダイバーシティー経営[有料会員限定]

2018/5/19付

アライアンス戦略[有料会員限定]

2018/5/19付

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報