2018年12月19日(水)

サブリース、潜むリスク 契約途中で賃料減額など
所有者の法的立場弱く

2018/5/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

不動産のサブリース(転貸借)契約を巡るトラブル相談が増えている。アパート経営などで普及しているが、リスクを伴う仕組みを十分に理解しないで締結する人も多い。同契約を使ったシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営業者が破綻して社会問題にもなっており、不動産業者などの説明体制の強化を求める声も出ている。

(田中浩司)

「ローンが返せなくならないか不安だ」。東京都内の40歳代の男性はため息を漏らす。70歳代の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

過去には企業間で訴訟相次ぐ[有料会員限定]

2018/5/21付

サブリース(転貸借)契約とは[有料会員限定]

2018/5/21付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報