/

この記事は会員限定です

ドローン衝突事故防止

国交省、有人機と飛行情報共有

[有料会員限定]

国土交通省はドローン(小型無人機)の空中衝突事故を防ぐため、ヘリや小型飛行機などの有人機と飛行情報を共有するシステムをつくる。双方の事業者や運用者に飛行する経路や日時などを事前登録してもらい、ニアミスを防ぐとともに近づいた場合は警告を発するようにする。2020年度以降の都市部での商用ドローン解禁を視野に入れ、安全確保の環境を整える。18年度末までに開発を進めてシステムをつくり、19年度にも運用を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン