2019年2月21日(木)

複写防止で海賊版対策
中央印刷 金属箔+墨インク、読み取り光の反射利用

2018/5/17付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

長野県岡谷市に主力工場を構える中央印刷(東京・豊島)は、複写機を使った不正な印刷物の複製を抑制できる新技術を開発した。金属箔と墨のインクを組み合わせる技術で、複写物はほとんど内容を読み取ることができなくなる。漫画など書籍・雑誌業界で深刻な問題になっている海賊版対策や、機密文書の漏洩防止向けの需要を開拓する。

同社は高級感のある雑誌やブランド商品に金属箔の文字やデザインを印刷する技術を得意としてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報