2018年8月19日(日)

解読 大手銀決算(1) 3メガ 5年で生産性半減 試される人材戦略

2018/5/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 3メガバンクの2018年3月期決算は、長引く低金利が「稼ぐ力」を奪う現実を映し出した。経営が踊り場にさしかかるなか、各行はどこに活路を見いだしていくのか。財務諸表を読み解き、大手銀が直面する課題を探る。

本業の利益減少

 18年3月期決算では、本業のもうけがしぼむ姿が鮮明になった。単体の実質業務純益は前期比の減少率が年々拡大している。一方で従業員の数は増加傾向にある。この結果、1人あたりの生産性は5…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報