2018年8月16日(木)

予定通り売却なら…営業益100位圏外に

2018/5/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 仮にメモリー事業を予定通り売却できたとして、東芝は「稼ぎ頭の不在」という問題を抱えることになる。15日に発表した2018年3月期(米国会計基準)の連結決算は最終損益が8040億円の黒字(前の期は9656億円の赤字)に浮上した。元子会社向けの債権売却益など一時的な利益が膨らんだためだ。

 本業のもうけを示す営業利益は640億円にとどまった。収益の柱であるメモリー事業で5000億円近くを稼ぎ出したもの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報