中小型株投信 申込停止相次ぐ
人気過熱 新興市場に影響

2018/5/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中小型株で運用する投資信託が、投資家からの新規の購入申し込みを相次ぎ停止している。人気の高さから、資産額の上限に達してしまう投信が多いためだ。個人投資家の人気が高い新興市場や中小型株は投信経由の資金流入が株価上昇を支えていた面も強いだけに、需給悪化を懸念する声も出ている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]