/

この記事は会員限定です

カジノに地域浮揚賭ける 最大3カ所、誘致熱く

大阪・北海道・長崎 しのぎ

[有料会員限定]

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の実施法案が4月27日に閣議決定され、全国で最大3カ所の認定区域入りを目指した各自治体の誘致を巡る動きが熱を帯びている。今国会での法案の成立は不透明だが、経済効果に期待する候補地は優位性のアピールに力を込める。一方、有力視されていた首都圏勢は依存症問題への配慮から慎重な姿勢が目立つ。

閣議決定の当日、大阪市内で世界の大手IR事業者6社の首脳が顔をそろえ国内初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン