/

この記事は会員限定です

マクロン改革、既得権崩す 仏大統領就任1年

労働法で成果 公務員削減、迫る正念場

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】フランスのマクロン大統領が戦後最大ともされる改革を進めている。就任約1年で税制改正、テロ対策法など20種類以上の政策をまとめ、労働者の既得権などにも切り込んだ。ただ自身の政党は組織として未熟との指摘があるほか、弱者に厳しいとの不満も地方を中心にくすぶる。年金一本化、公務員削減など大型の改革を控え、これからが正念場となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン