熟成肉の衛生管理課題 認証制度など対応急ぐ 間違った認識持つ業者も

2018/5/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

肉を寝かせることでうまみが引き出されるといわれる熟成肉。専門店も増え人気を博しているが、実は定義は曖昧だ。間違った認識を持つ事業者もあり、食中毒事件が発生すればレバ刺しのように提供禁止となる可能性もある。業界では新技術の導入や認証制度など対策を急いでいる。

「製法を誤り肉を腐敗させてしまう業者も少なくない」。熟成肉ブームの火付け役として知られる食肉販売のさの萬(静岡県富士宮市)の佐野佳治社長は指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]