GWの旅 国内外とも活況 JR3%増、国際線は7.2%増

2018/5/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

今年のゴールデンウイーク(GW)期間の4月27日~5月6日の旅行・レジャー動向は天候に恵まれたこともあり軒並み好調だった。JR旅客6社では新幹線などの乗客が前年比3%増の1170万人。東京ディズニーランドなどのレジャー施設もにぎわった。国際線は7.2%増の68万4667人で、アジア方面などが人気だった。

JR各社が7日まとめたGWの利用実績は東海道新幹線が5%増、山陽新幹線は4%増だった。国内線…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]