/

この記事は会員限定です

スタートアップに熱視線

三井物産、米ファンドに50億円 三菱商事、事業のアイデア募る

[有料会員限定]

総合商社がスタートアップ企業と近づいている。三井物産は米シリコンバレーの投資ファンドに出資、三菱商事はスタートアップから事業提案を募る取り組みを始めた。人工知能(AI)のような先端技術が浸透すれば商品取引などの既存事業が新興勢力に脅かされるという危機感がある。スタートアップの技術を取り込み、ビジネスモデルの変革を目指す。

三井物産はシリコンバレーのベンチャーキャピタル(VC)、G2VPが2017年から運営する投資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン