/

この記事は会員限定です

メディアアーティスト 落合陽一氏

魔法使い人と機械を融合

[有料会員限定]

メディアアーティストの落合陽一氏(30)は人とコンピューターの境目がなくなる時代を「デジタルネイチャー」と呼ぶ。筑波大学准教授、スタートアップ企業の起業と3足のわらじで描くデジタルの未来はどんなものなのか聞いた。

――個性的なアートで現代の魔法使いと呼ばれています。

「学生のころからアートを突き詰め、自分で稼いできた。いまも世界で個展を開いている。浮いてまわり続ける金属の球の彫刻だったり、スライド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン