/

この記事は会員限定です

権利侵害の発見 AIも活用

[有料会員限定]

インターネットのトラブルでは著作権侵害も多い。警察庁によると、著作権侵害の摘発件数はネット関連の事案が9割前後を占めている。「ネットで作品を発表しやすくなった分、権利の侵害に自ら対応する責任が出てきた」(水野祐弁護士)という声もある。

著作権の侵害を防ごうと人工知能(AI)を活用するサービスがお目見えした。ドイツ企業の開発した著作権管理サービス「COPYTRA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン