/

この記事は会員限定です

ネットの自由、世界で後退

昨年、米ロなど32カ国 利用制限や情報操作

[有料会員限定]

インターネットを規制する動きが世界で強まっている。米人権団体フリーダムハウスの調べでは2017年に少なくとも32カ国で自由度が下がった。サービスの利用制限が広がり、当局による情報操作や偽ニュース拡散も相次ぐ。情報の自由な流通というネットの意義が過度に損なわれると、利用者の選択の幅を狭め、経済活動に悪影響をもたらす恐れもある。

4月初め、約2億人の登録者がいた中国の動画投稿アプリ「内涵段子」が突然「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン