内閣の権限強化、歯止めを 曽我部真裕さん 京大教授

2018/5/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

――最近の憲法論議についてどう感じていますか。

「70年間の議論が蓄積していますが、昨今の議論はそういうものを踏まえておらず、目先のところに関心が集中している印象が強いです」

――求められる議論は。

「1990年代から取り組んできた統治構造改革をどう受けとめるかがまず重要です。官邸のリーダーシップの強化をめざし、かなりの程度実現したが、何のための強化かということと、どう統制していくかの議論が必要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]