/

この記事は会員限定です

(私が考える憲法)内閣の権限強化、歯止めを

曽我部真裕さん 京大教授

[有料会員限定]

――最近の憲法論議についてどう感じていますか。

「70年間の議論が蓄積していますが、昨今の議論はそういうものを踏まえておらず、目先のところに関心が集中している印象が強いです」

――求められる議論は。

「1990年代から取り組んできた統治構造改革をどう受けとめるかがまず重要です。官邸のリーダーシップの強化をめざし、かなりの程度実現したが、何のための強化かということと、どう統制していくかの議論が必要で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン