/

この記事は会員限定です

京急、ベンチャー出資枠新設

今年度は1億円

[有料会員限定]

京浜急行電鉄はベンチャー企業への出資枠を新設した。2018年度は総額1億円の出資を計画する。有望な新規事業を手がけるベンチャーへの出資を通じて沿線の魅力を高め、利用者を増やしていきたい考えだ。

沿線の価値向上や課題解決につながり、京急グループの既存事業と相乗効果が見込める事業を手がける複数のベンチャーに出資する。17年10月から実施している新規事業創出プログラム「KEIKYU アクセラレーター」の採択...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン