/

機械の異常検知 自動化

ブレインズテクノロジー 「頭脳」作成で特許

[有料会員限定]

ブレインズテクノロジーは工場設備の異常や不良品を見つけるAIを自動で作り出す技術を開発した。AIの開発はデータサイエンティストや熟練技術者が機械の異音など異常パターンを示すデータを定義し、検知方法を教え込む必要があったが、こうした専門家の仕事を機械化して不要にする。

AIを自動で構築する方法やプログラムについて特許を取得した。AIの手法の1つである機械学習において「頭脳」に当たる学習モデルの作成作...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン