トヨタ、中国販売9%増 「カローラ」など堅調 4月

2018/5/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トヨタ自動車が2日発表した中国での4月の新車販売台数(小売台数)は前年同月比9%増の11万7900台だった。主力セダン「カローラ」や「レビン」などが堅調だった。伸び率は3月が5%強で小幅だったが、4月はやや復調した。

4月の販売を個別にみると、首位はカローラで25%増の3万2000台。レビンが15%増の1万6400台、多目的スポーツ車(SUV)の「RAV4」が7%増の1万2500台と続いた。セダ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]