韓国で「米軍見直し論」
駐留に側近疑義、大統領が火消し

2018/5/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=恩地洋介】南北首脳会談の「板門店宣言」に目標を明記した朝鮮戦争の終戦宣言や「平和協定」を巡り、韓国内で在韓米軍の駐留に関する議論が浮上し始めた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の外交ブレーンが駐留見直し論に言及し、文大統領は火消しに走ったが保守系野党が猛反発。朝鮮戦争後の平和体制と在韓米軍のあり方は不可分だが、周辺国の利害が複雑に絡み合っている。

韓国では2日、文正仁(ムン・ジョンイン)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]