/

この記事は会員限定です

韓国で「米軍見直し論」

駐留に側近疑義、大統領が火消し

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】南北首脳会談の「板門店宣言」に目標を明記した朝鮮戦争の終戦宣言や「平和協定」を巡り、韓国内で在韓米軍の駐留に関する議論が浮上し始めた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の外交ブレーンが駐留見直し論に言及し、文大統領は火消しに走ったが保守系野党が猛反発。朝鮮戦争後の平和体制と在韓米軍のあり方は不可分だが、周辺国の利害が複雑に絡み合っている。

韓国では2日、文正仁(ムン・ジョンイン)大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン