/

この記事は会員限定です

ブランドサバ、各地で大漁

鮮度管理を徹底・エサに酒かす配合

[有料会員限定]

サバの人気が高まっている。もともと食卓に欠かせない魚だが、最近は鮮度管理や養殖方法を工夫し、生でも食べられるサバが続々と登場。独特のうま味やトロリとした脂の乗りで食べた人を魅了する。サバだけを提供する専門店が好評なほか、サバ缶の市場規模も前年と比べ6割増で推移している。イカやサンマなど大衆魚の不漁が目立つなか、食卓の"救世主"となっている。

サバのグラタン、フィッシュ&チップスにアイスクリーム――...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン