2019年9月16日(月)

18年度に飼料米、3市町村で栽培 福島県、営農再開を支援

2018/5/2付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴う避難指示が解除された地域での営農再開を進める福島県は、2018年度に南相馬市と広野町、川内村で飼料用米を実証栽培することを決めた。19年度まで2年間の予定。収穫量が見込める品種や効率的な栽培技術を調べ、営農再開を支援する。

南相馬市100アール、広野町3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。