/

この記事は会員限定です

船も自動運転、実用化へ動く

22年度解禁へ実証実験 国際ルール整備を主導

[有料会員限定]

遠隔で操作したり、自動で運航したりする「自動船舶」の実用化へ政府が動き出す。今夏から海運会社と協力して実証実験を始め、2022年度にも船員が直接操作せずに運航できるよう関連法を改正する。国際ルールづくりでも国連の国際海事機関(IMO)で条約改正を進め、国際航路での運航を可能にする。自動車に続き、国際物流の主役である船舶にも自動化の波が広がってきた。

自動運航船は、陸地から遠隔で操舵(そうだ)したり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン