2018年11月14日(水)

物材機構、全固体電池の材料を効率よく探す手法

2018/4/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

物質・材料研究機構 名古屋工業大学やトヨタ自動車と、次世代電池と期待される「全固体電池」の新材料を、シミュレーション(模擬実験)とデータサイエンスを組み合わせた「マテリアルズ・インフォマティクス」で探す手法を開発した。イオンの導電性を最大化するような組成を決めることができる。

様々な材料の結晶構造とリチウムイオンの伝導性に関するデータベースを作り、効率の高い順に候補材料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報