血糖値高くても健康な淡水魚 メキシコの洞窟で発見

2018/4/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米ハーバード大学などの研究グループは、血糖値の高い状態でも健康を保っている淡水魚をメキシコの洞窟で見つけた。餌の少ない環境で生息するため体内に栄養をため込み、有効に利用できるよう遺伝子が変化したためと考えられている。

この魚は「メキシカンテトラ」といい、大きさは10センチメートルほど。河川で生息している同じ仲間は血糖値は高くなかったが、洞窟で生まれ育つように進化した目のないメキシカンテトラは、人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]