料金とサービス 透明性に課題

2018/4/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

士業の課題は料金の明瞭化だ。企業との連携が広がれば、「悩み解決サービス」が市場として立ち上がるかもしれない。

葬儀関連事業を手掛けるみんれび(東京・品川)は3月、終活から供養、相続相談、遺品整理、不動産売却などを一括して提供するサービス「よりそう」を始めた。司法書士や税理士などを紹介する事業者とも提携。料金を細かく明示し割引制度も設けた。

みんれびによると、葬儀市場の規模は周辺市場を含めて約4兆…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]