/

この記事は会員限定です

LNGスポット3割安

アジア市場、年初比 中国の暖房需要一服 パプア輸出再開も寄与

[有料会員限定]

発電燃料に使う液化天然ガス(LNG)のスポット(随時契約)価格がアジア市場で年初から3割下落した。暖房用に輸入を急増させた中国の需要が一服し、大地震で停止していたパプアニューギニアの輸出再開も重なって品薄感が和らいだ。ただ前年同時期に比べると水準は高く、足元は原油相場上昇を受けて底入れ感が出ている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン