/

この記事は会員限定です

帰ってきた「ウルトラマン利用権」

円谷プロ、米連邦地裁で勝訴 国外での事業展開拡大

[有料会員限定]

特撮映像「ウルトラマン」シリーズの制作元である円谷プロダクション(東京・渋谷)は24日、同シリーズの日本国外での利用権が同社に帰属することを認める勝訴判決が米国の裁判所で下されたと発表した。利用権をタイ人実業家から承継したと主張する日本企業との間で争っていた。

円谷プロは判決を受け「各国での同種訴訟の集大成と考える。今後は米国など積極的な海外展開を進める」としている。

ウルトラマンの国外利用権を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン