LINEが損保販売 損保ジャパンと提携
レジャー向けなど 金融取り込み収益力

2018/4/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

LINEは損害保険ジャパン日本興亜と業務提携する。2018年中にスマートフォン(スマホ)の対話アプリ上で損害保険の加入や支払い手続きをできるようにする。人工知能(AI)を使った相談なども検討する。LINEは金融事業を組み合わせて主力の対話アプリ事業の収益力を高める。損保ジャパンはLINEの7300万人に保険商品を販売する。

1月に設立したLINEの金融子会社「LINEフィナンシャル」が、損保ジャ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]