/

この記事は会員限定です

G7、対ロで温度差

米英が非難、日本は配慮 北朝鮮では連携維持

[有料会員限定]

【トロント=甲原潤之介】カナダのトロントで開いた主要7カ国(G7)外相会合は23日、共同声明を発表し閉幕した。シリアのアサド政権への攻撃に踏み切った米英仏3カ国の努力を支持。対北朝鮮では生物・化学兵器の廃棄に直接言及するなど前回声明より踏み込んだ。ロシアや北朝鮮への立場や関心には差もあり、声明は苦心の末の結束を示す結果となった。

声明はロシアに対する非難や要求が目立った。2016年の米大統領選への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン