/

この記事は会員限定です

OPEC協調減産の行方

シェール増産でも延長論

[有料会員限定]

米国のシェール増産が勢いを増す中、石油輸出国機構(OPEC)の協調減産の行方が注目を集め始めた。今年末に期限を迎える減産は延長か解除か、緩和か。年末の総会までに結論が出る見通しだが、米軍のシリア攻撃を受け、トランプ政権がアサド政権を支援するイランへの経済制裁を再開する可能性もある。今後の原油価格も減産戦略に影響を与えそうだ。

生産コストの削減や世界的な石油需要の増加を受け、米国の原油生産は拡大して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン