/

この記事は会員限定です

新国立劇場「1984」

監視国家 日本社会に問う

[有料会員限定]

恐怖や暴力が人間の精神を支配する世界を演劇化した舞台。原作は全能の国家を描いたオーウェルのディストピア小説だ。英国の若手劇作家R・アイクとD・マクミラン(平川大作翻訳)の近作を小川絵梨子が忠実に演出した。

時代設定はタイトルどおり84年。しかし原作には「附録」がついており、監視国家の将来的な破綻が「2050年以降」から指摘されている。上演台本はこの虚構の二重化に着目し、語り手である主人公ウィンスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン