米中摩擦 半導体再編に影
クアルコム蘭社買収 審査長期化 車参入、崩れる思惑

2018/4/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米クアルコムは19日、オランダ車載半導体大手の買収について、中国当局の要請を受けて買収承認を申請し直し、買収期限も3カ月延長すると発表した。各国の審査は中国を残すのみとなっていたが、手続きがストップした。米中貿易摩擦が半導体の再編にまで影響を及ぼしている。

M&A(合併・買収)は実施後に市場で公正な競争が保たれるかを各国の独禁当局が事前に審査する。クアルコムはNXPセ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]