2019年6月18日(火)

慢性疼痛 脳内の神経が変化し持続

2018/4/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

痛みが慢性化するメカニズムは脳科学の進歩で明らかになってきた。

短期間で消失する急性の痛みはけがなどによって生じる痛み成分が末梢(まっしょう)神経を刺激するため起き、病巣や炎症などが治れば鎮まる。慢性の痛みは苦痛に関わる脳内の神経回路が変化して苦痛が持続的に生じやすくなるために起き、病巣や炎症などが無くなっても痛みが消えないという。

東京慈恵会医科大学(東京・港)は2014年、痛みの機構解明と治…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

長引く痛み チームで診療[有料会員限定]

2018/4/23付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報