/

この記事は会員限定です

フェイクニュース、アジアも揺らす

[有料会員限定]

フェイクニュースにどう対処するか――。ネットの検索エンジンやSNSの発展を背景とした世界的な課題は、アジアの国々も揺さぶっている。米欧に比べ、表現の自由や報道の自由を重んじる政治文化が弱く、新聞やテレビといった伝統的なメディアの基盤も脆弱なだけに、波紋は複雑で深刻だ。

アジアでこのところ目につくのは、フェイクニュースを法的に取り締まろうとする動きだ。

インド政府は2日、政府機関への取材に欠かせな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン