/

この記事は会員限定です

欧州単一特許 年末にも

当局トップが見解 コスト軽減、訴訟リスクも

[有料会員限定]

欧州の「単一特許制度」が2018年末にも始まる可能性が出てきた。欧州連合(EU)のほぼ全域で特許を取得しやすくなるため、欧州で特許出願する日本企業のコスト軽減につながる。半面、特許の侵害訴訟に巻き込まれるおそれが増えると危惧する声も少なくない。

経済統合が進む欧州で特許を出願するには個々の国に出願・登録する方法と、欧州特許庁に出願して各国に登録する方法(欧州特許)の2通りがある。ただ現状では欧州特...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン