/

この記事は会員限定です

貿易に米国第一の風圧

牛肉・自動車 標的に

[有料会員限定]

安倍晋三首相がトランプ米大統領と過ごした時間は17、18両日で10時間を超えた。最大の目的だった蜜月関係は演出できたものの、通商問題では立場の違いが明確になった。日米の自由貿易協定(FTA)を迫るトランプ氏の本音は日本に市場開放を求め、輸入品は制限する「管理貿易」だ。「米国第一」を掲げるトランプ氏の要求をかわし続けるのは簡単でない。(

1面参照

【パームビーチ=河浪武史、竹内康雄】「2国間協議が好...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン