/

この記事は会員限定です

大規模構造から宇宙の謎解明

高エネルギー加速器研究機構教授 松原隆彦氏

[有料会員限定]

宇宙に無数にある銀河がどのようなパターンで散らばっているかを手がかりに、ダークエネルギーの正体や宇宙の始まりを解明する研究が世界に広がっている。先駆者の一人である松原隆彦・高エネルギー加速器研究機構(KEK)教授は「宇宙論を発展させる上で有力なアプローチだ」と語る。

宇宙は均質ではなく「ムラ」がある。銀河が多数集まって銀河団をつくっているところもあれば、ほとんど天体が存在しないスカスカの部分もあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン