/

この記事は会員限定です

環境省のアセスに限界

石炭火力増強、世界と逆行 経産省が主導権、批判鈍る

[有料会員限定]

石炭火力発電所の新増設を巡って、環境省の環境影響評価(アセスメント)の有名無実化が進んでいる。2017年度だけで3件の石炭火力計画について、地球温暖化対策の観点からいずれも懸念は示したが、建設計画は止まらず、排出抑制のメドはたっていない。同省には建設を止める権限はなく、脱石炭への道は険しい。

「二酸化炭素(CO2)削減の具体的な道筋が示されないなら容認されるべきではない」。中川雅治環境相は3月2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン