ロシア経済「戦時体制」
制裁、インフレ抑え防衛 在外マネー還流狙う

2018/4/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【モスクワ=古川英治】ウクライナ侵攻やシリアへの軍事介入を巡って米欧と激しく対立するロシアのプーチン政権が経済の防衛策を固めている。制裁による打撃を抑えるため、インフレ抑制に注力。国外市場での資金調達難を見越して在外ロシアマネーを国内に還流させることももくろむ。米欧との外交面の対決姿勢と並行して、経済でも「戦時体制」を強調して引き締めを図っている。

プーチン大統領は17日、ナビウリナ中央銀行総裁…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]