/

この記事は会員限定です

G20、米中摩擦が議題

[有料会員限定]

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が、19~20日に米ワシントンで開かれる。世界経済の同時成長を揺るがすリスクを点検する。米中の貿易摩擦やシリア情勢の緊迫が主な議題となる見通しだ。

3月にアルゼンチンで開かれた前回の会議では保護主義に対抗する姿勢を再確認し、「さらなる対話や行動が必要だ」との共同声明をまとめた。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日の講演で、「輸入規制は誰の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン