G20、米中摩擦が議題

2018/4/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が、19~20日に米ワシントンで開かれる。世界経済の同時成長を揺るがすリスクを点検する。米中の貿易摩擦やシリア情勢の緊迫が主な議題となる見通しだ。

3月にアルゼンチンで開かれた前回の会議では保護主義に対抗する姿勢を再確認し、「さらなる対話や行動が必要だ」との共同声明をまとめた。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日の講演で、「輸入規制は誰…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]