2018年10月18日(木)

JAXA、再使用型ロケット実験 秋田で来春にも、20年代実用化狙う

2018/4/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年春にも、繰り返し飛行できる再使用型ロケットの離着陸実験を始める。ロケットエンジンなど主要機材は100回以上繰り返して使えることを確認しており、打ち上げ費用を大幅に抑えられるとみている。まず、観測機器を打ち上げるロケットとして20年代以降の実用化を目指す。すでに民間企業が実験に成功した米国に続き、日本側も技術の蓄積を進める。

実験は秋田県能代市にあるJA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報