地銀揺るがす「素人運用」
外債で損失拡大、前期は赤字か 金融庁は改善命令も検討

2018/4/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

地方銀行が米国債など海外債券の運用で損失を膨らませている。全国105行の債券運用益は5年前に比べ2600億円も減り、2018年3月期は赤字になった可能性がある。損失の主因は米長期金利が上がって債券が値下がりしたことだが、もう一つの理由は十分な体制がない地銀による「素人運用」。金融庁は地銀経営の最大のリスクと懸念し始めた。

関西が地盤の池田泉州銀行は18年3月期に米国債の評価損を約140億円計上す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]