/

この記事は会員限定です

民泊トラブル防止商品続々

騒音センサーや電子錠

[有料会員限定]

住宅宿泊事業法(民泊法)の施行を6月に控え、民泊のトラブル防止に役立つグッズが広がってきた。3月から民泊事業者の届け出が始まったが、防犯や騒音への対策が欠かせない。近隣住民とのトラブルを防ぐ騒音センサーや、鍵を受け渡す手間を省ける電子錠が人気を集めている。

民泊支援のメトロエンジン(東京・港)が2016年7月に発売した騒音センサーはスウェーデン製で、部屋の騒音が一定水準を超えると宿泊者のスマート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン